登録ログイン

送った荷物はその後どうなったか

送った荷物はその後どうなったか 参考画像

以前の投稿で、僕が中国への荷物発送でお米や精米機を送ったことを述べました。

送った荷物はその後どうなったか 参考画像
中国宛の国際小包を試す。2.壊れた割れ物
中国の水対策の一環として「セラミック加工水ボトル」を、郵便局の「船便」で送りました。 その結果です。 セラミック加工水ボトルを発送 そもそも論から始めます。 水ボトルって何ですか? これに水道水を入れる...

荷物たちがその後どうなったのか書きたいと思います。

 

バラバラになっていた水ガメボトル

 

水ガメボトルを送付したら破損したとの連絡を受けました。僕はボトルの状態確認を行いました。

箱がボロボロ

送った荷物はその後どうなったか 参考画像

箱がすごいボロボロです。送った時は綺麗な状態だったのに。写真は、空港での荷物の扱いです。写真では分かりませんが、ダストから凄い勢いで荷物が発射されます。人の荷物ですらあの扱いですから、船便での扱いがどれほど雑か想像できます。

中身がばらばら

送った荷物はその後どうなったか 参考画像

無残に壊れたボトルです。不意に触ると指を切るので、そのままにしておきます。

生き残ったボトルたち

そんな中で3本ボトルが無事だったことが健闘に感じます。ボトルは活躍しています。別途記事を上げたいと思います。

 

壊れた精米機

送った荷物はその後どうなったか 参考画像

僕はAmazonでこの精米機を購入し送りました。送り票に精米機とは書きませんでしたが、物は無事に到着していました。

電圧変換機を購入

送った荷物はその後どうなったか 参考画像

家電製品は電圧が異なるのでそのままでは動かせません。そもそも、コンセントの形が異なるので、刺せません。同じくAmazonで電圧変換機を購入しました。

精米機が爆発

電圧変換機が揃った所で準備OKです。動作確認してみます、スイッチおん!した瞬間にボン!!という音がしました。かなりビックリします。ついでに部屋のブレーカーが落ちます。あっさり壊れました。

中国で動かせない家電の例

後で知った話ですが、日本製の回るもの系の家電は中国では動かせないようです。例えば以下になります。

  • 洗濯機
  • DVD、ビデオデッキ
  • パソコン(FANがアウト)

 

没収された米

 

これはかなりショックです。どうもお米は発送できないようです。僕は送る前に郵便局の職員に「送っても大丈夫ですか?」と確認しました。その時は「大丈夫」と言っていました。しかし今回は単なる没収ではないようです。

関税検査報告書

送った荷物はその後どうなったか 参考画像

中国の税務署から滞在先に上記の紙が届きました。関税検査報告書と言います。どうもお米は税務署に預けられているようです。中国では外国産のお米に高い関税をかけているらしく、そのような駆け引きのなかで没収されたようです。

送った荷物はその後どうなったか 参考画像

一応「発送はできた」ということで郵便局の人は問題視しなかったのでしょうか。僕としてはお米を回収したいところですが、回収しても精米機が無いので食べることができません(今回は玄米の状態で送っています)

 

まとめ

 

荷物発送に関しても想定外のことが多くありました。

壊れた精米機は、即日捨てました。また、電圧変換機は携帯電話の充電にしか使っていません。お米は関税を払えば引き取れるようです。引き取るかどうか迷いどころです。

送った荷物はその後どうなったか 参考画像

【2017/05追記】お米は日本に戻りました。どうも保管期限3カ月というルールがあるみたいで、それを過ぎると日本に戻されるようです。ちなみにその時の送料は3000円。日本から送る場合の半額ですな。

 

 

>>次のページは
精米機リベンジ!上海で精米機探しに奔走する
水ガメボトルその後

 

タイトルとURLをコピーしました