登録ログイン

嘉兴市へ行く!

嘉兴市へ行く! 参考画像

嘉兴市(じゃーしん)に行きました。僕にとっては初めての上海以外の町になります。初めてのことばかりだったのでいろいろ勉強になりました(主に女の子といちゃいちゃしてw)

嘉兴市へ行く! 参考画像

嘉兴市に居る友人を訪ねた形になります。

 

ローカル火车に乗る

 

嘉兴市は上海から約80Km離れています。交通手段は以下のものがあるようです。

  • 新幹線
  • 長距離特急電車
  • 普通の鉄道(火车)

それぞれによって発車駅やチケットの入手方法が異なります。僕は電車を使用しました。鉄道のことを火车と言います。新幹線で行っても鉄道で行ってもそんなに時間は変わりません。

火车チケットの購入方法

嘉兴市へ行く! 参考画像

中国語が話せないと窓口で購入ができません。事前手配であれば窓口以外で購入することができます。以下のものが必要です。

  • 百度MAPアプリ
  • 百度支付アカウント(これを取得するには、パスポートと銀行口座が必要)
  • パスポート

上記を準備し百度MAPアプリから購入します。

嘉兴市へ行く! 参考画像

百度MAPでチケットを購入後、結局、窓口に行きます。スタッフに購入画面とパスポートを見せ「チケットをください!よこせ!(我要票!!)」と言います。

やっとの思いで乗車

嘉兴市へ行く! 参考画像

初めてだったのでチケット購入までかなり苦労しました(っていうか、友人には悪いけど、諦めて途中で帰ろうかと思った。。)

電車の中は日本とはかなり異なります。

嘉兴市へ行く! 参考画像

  • みんなカップラーメンを食べている
  • お湯を出す機会が備え付けられている
  • 指定席なのに違う人が普通に座っている
  • 携帯電話の通話がNGでない

逆に以下の点は同じでした。

  • みんな携帯を触っている
  • タバコNG
  • 窓が開いていない

 

嘉兴市へ到着

嘉兴市へ行く! 参考画像

昼すぎに上海を出ました。着いたのは夕方です。現段階でへろへろです。めげずに友人と合流します。

嘉兴市へ行く! 参考画像

WeChatの位置情報共有機能を使いましたが、このようなものがあることを初めて知りました。共有相手を選択して、位置情報の共有を実行します。相手がOKすればお互いの位置が画面上に表示されるものです。

日式カラオケ屋へ

嘉兴市へ行く! 参考画像

嘉兴市にも日本人を対象にしたお店が何件かあるようです。食事のあと日式カラオケと呼ばれるお店に行きました。姉ちゃんたちと一緒に酒を飲んでカラオケをするお店のようです。

ロリ少女との出会い

嘉兴市へ行く! 参考画像

僕のとなりに座った人はロリ系の子でした。Mちゃんと言います。どうみても成人には見えません。でもここは中国!細かいことは気にしませんw

個人的にはおっぱいが無いのが好みです!僕は貧乳派なので!

中国式カラオケ

嘉兴市へ行く! 参考画像

僕はカラオケ好きですが、中国ではまだ行ったことがありません。中国のカラオケを初めて見ました。日本とは作りが異なっています。

  • パソコン1台とモニタ2台という構成
  • PCのOSはLinux
  • 1つのモニタがタッチパネルになっていて操作可能
  • もう1つは大画面
  • リモコンは無い

日本のように細かい機能はありませんが、簡素で展開しやすそうな印象を受けました。カラオケについては他のお店も見たいと思います。

姉ちゃんたちと一緒にザリガニを食べにいく

嘉兴市へ行く! 参考画像

カラオケが盛り上がったので二次会に行くことになりました。彼女たちはろんしゃー(ザリガニ!)が食べたいと言っています。僕はずっと(心の中で)まじかよ!を連発していました。

嘉兴市へ行く! 参考画像

中国人はザリガニをよく食べるようです。僕は食べたことがありません。心の中でずっと驚いていました。

嘉兴市へ行く! 参考画像

ザリガニの感想は、

  • 尻尾の部分を食べる。食感はエビと同じ
  • それ以外は食べない(食べる部分は全体の20%くらい。もったいない)
  • ビニールの手袋を使い、手で食べる
  • 袋が破れて殻が手に刺さることも。
  • ハサミ、殻の食感もエビと同じ

なぜか日本人が持っている「ザリガニは食べない」という潜在意識を除けば、普通に美味しいと思います。しかし、やっぱり無理でした。

カラオケの姉ちゃん達と遊ぶことに

嘉兴市へ行く! 参考画像

次の日、同じ姉ちゃんたちとそのまま遊ぶことなりました。嘉兴のショッピングモールを案内してもらいます。

嘉兴市へ行く! 参考画像

ショッピングモールなので、中に入っているテナントは日本と変わりません。そんな中、子供コーナーを見つけました。中国の子供コーナーはすごく子供であふれています。いーなー

嘉兴市へ行く! 参考画像

嘉兴市へ行く! 参考画像

上海で合流

嘉兴市へ行く! 参考画像

僕は別の用事があったので、その日は上海に戻りました。彼女たちは次の日上海に来くというので、それならばということで、僕たちの後追いで上海に来てもらいました。結局そのまま遅くまで遊んだ形です。

っていうか、滞在先に呼んで一緒に寝ました。ベットの上で何を??それは。。個人的に聞いてくださいw

 

飛行機に乗り遅れる

 

嘉兴市に行った次の日、僕はビザ取得のために帰国予定でした。しかし一連の遊びで疲れていてフライトの時間を勘違いしてしまいました。慌てて浦東空港に向かったものの、時既に遅しでチェックインカウンターは閉じています。

別のチケットを即時購入。怪しいサイトで

嘉兴市へ行く! 参考画像

僕はどうしてもその日に帰国する必要がありました。飛行機を手配しようにも、条件は以下になります。

  • 当日乗れる
  • 片道切符
  • 出発地が海外(浦東空港)

これら全てを満たしたチケットサイトは多くはありません。なんとか探し出した怪しいサイト(206/06追記。Ctripは超有名な旅行サイトです!自分の無知を恥じます。。)で購入しました。飛行機はあったのですが、割高かつ成田空港行きしかありません。仕方ないので購入します。(当日初の飛行機が3万円後半でした。実は良心的)

チェックカウンターで通せないと言われる

ここまでで「よし帰れる」と思いきや、チェックカウンターでいちゃもん付けられました。どうやら通せないと言っているようです。詳しく話を聞くと、チケットに記載されている名前が誤っているとのこと。

嘉兴市へ行く! 参考画像

確かに名前の部分がOSHIMA/TADAO OSHIMAになっています。サイトに記載されている通りに入力したつもりですが、どこか誤っていたと思います。カウンター職員に「これは誤りだ!通せ!!」と説明します。

嘉兴市へ行く! 参考画像

嘉兴市へ行く! 参考画像

なんとか説明が通じ、チケットに修正の線を引いてもらいます。他に説明書のような書類をくれました。ここは通すけど出国審査(ゲート)は自分で何とかしてください、とのこと。

出国審査は特に問題なかったです。

成田空港到着&夜行バスで地元へ

そして夜遅くに成田空港に到着しました。この段階でふらふらです。そのまま新宿に向かい、夜行バスのバス停に行きました。バスタ新宿という建物ですが、不親切だなー、と思いながら夜行バスに乗り帰宅しました。

 

嘉兴市まとめ

 

濃い2日間でした。いろいろ冒険しました。Mちゃん可愛かったなー(というかおっぱいの無感触ぶりしか記憶に無いですw)

どれもサラリーマンを続けていたら体験できないようなものばかりです。隣の町に行っただけでこれだけのイベントがあるくらいなので、もっと遠くは想像できません。そのうち行ってみたいと思います。

 

 

>>次のページは

南昌市への遠征!OSHIMAのファンに会いに行く。セックスしましょう!

今更だけどザリガニ特集!彼らも生きるのに必死なんだよ!

 

タイトルとURLをコピーしました